総合トップ > 専用サーバー > ご利用料金・サービス比較
専用サーバー
サーバ1台を丸ごと占有!複数のサイトを1台に集約し運用コストを削減。

ご利用料金・サービス比較

 

ライト

スタンダード

プレミアム

スペック機種オリジナルNEC E120g-MNEC E120g-M
CPUPentium N3700Xeon E5-2609v4Xeon E5-2630v4×2
コア・スレッド4C4T8C8TデュアルCPU 10C20T
メモリ4GB8GB16GB
HDD120GB(SSD) 500GB (RAID1)1TB (RAID1)
※上記スペックは、2016年08月01日現在のものです。
※スペックは、在庫及び流通状況などにより予告無く変更する場合があります。
電話サポート
バックアップオプション
IPアドレス追加 × 3 無制限※1
DMZ構成など × ※2
スペックアップ ×
回線 100Mbps共有 100Mbps共有 100Mbps共有
OS VMware ESXi 5.1/5.5 ※3
CentOS 6/7 ※4
Scientific Linux 6/7
Windows Server 2008/2012 R2 standard

Windows Server のご利用には別途月額費用が発生いたします。
主要なサーバ
ソフトウェア
Apache  php  MySQL  PostgreSQL  perl  bind  postfix  gcc  glibc
主なソフトウエアのバージョンはこちらをご参照ください。
利用料金初期費用 22,000円 165,000円 352,000円
月額費用 6,050円 10,267円 29,333円
※1 ご利用IPアドレス数が10個以上必要な際は事前にご相談ください。
※2 スタンダードプランはお申込時に限り2台までとなります。
※3 VMwareのゲストOSはお客様にてご用意ください。また、ゲストOSはお客様の任意にてご用意いただく為、ゲストOSに対するセキュリティアップデートサービスは対象外とさせていただきます。
※4 ライトではCentOS 7のみ、スタンダード・プレミアムでは全てのOSがご選択いただけます。(全て64bitのみ)

対応OS・ミドルウェア価格表

OS 初期費用 月額費用
CentOS 6/7 (64bit) 0円 0円(*1)
Scientific Linux 6/7 (64bit) 0円 0円(*1)
Windows Server 2008/2012 R2 standard 0円 3,300円 × CPU数(*2)
RDPライセンス(Windows) 0円 770円(*3)
Windows Server 2016 0円 3,520円 8コア分(*4)
Windows Server 2016 0円 8,800円 20コア分(*4)
ミドルウェア(windows) 初期費用 月額費用
SQL Server 2012 R2 Standard 48,840円 48,840円 × コア数(*5)
SQL Server 2016 48,840円 48,840円 × コア数(*5)
(*1) Scientific Linux、及びCentOS につきましてはご月額費用は発生しません。但し、セキュリティアップデートサービスをご利用の場合は月額3,908円(税込)での提供となります。お客様にてセキュリティアップデート対応をされる場合は、こちらのサービスは必要ございません。
(*2) Microsoft Windows Server のライセンスは、Microsoft SPLA で定義されている「プロセッサライセンス(非アウトソーシング)」のみの提供となり、プロセッサ(CPUソケット)単位でのライセンス提供となります。プレミアム機器にてDual CPU とした場合には倍額が発生します。
(*3) RDPライセンスとは、RDPサービス(旧ターミナルサービス)に接続するユーザー数のライセンスとなります。RDPによりサービスを提供する場合は、対象ユーザー数分のライセンスの購入が必要となります。
(*4)Microsoft Windows Server 2016 のライセンスは、Microsoft SPLA で定義されている「コアライセンス(非アウトソーシング)」での提供となり、コア単位でのライセンス提供となります。 1ライセンス2コア分(1台最低4ライセンス必要)が必要となります。現在スタンダードサーバは8コアなので4ライセンス、プレミアムサーバは10コア×2CPUの20コアなので10ライセンス必要となります。
(*5) Microsoft SQL Server のライセンスは、Microsoft SPLA で定義されている「コアライセンス(非アウトソーシング)」のみの提供となり、コア単位でのライセンス提供となります。スタンダード機器、プレミアム機器ではそれぞれライセンス×搭載コア数の費用が発生いたします。